テクノロジー

20年培ったハイクオリティな均一高分散技術

炭酸カルシウムをはじめとした機能性充填剤は、単純に多く配合するだけでは、その機能が十分に発揮されず、物性低下につながります。いかに粒子を均一に分散させ、安定した状態を保つことができるかが重要なポイントです。

当社は20年以上前に確立した「均一高分散技術」をもとに、理論的に不可能とされていた生分解性樹脂への応用にチャレンジし続けました。

 

そして遂に生分解性樹脂に対して炭酸カルシウムを均一高分散かつ高濃度に配合させたマスターバッチ化に成功しました。

ecbio_straw.jpg

高い製品完成度

優れた均一分散状態を保つことで、生分解性樹脂の持つ物性・特性の低下を抑制し、さらに一部を強化・付与することが可能に。より完成度を高めた製品化を実現します。

​圧倒的なコストダウン

製品完成度を高めつつ、炭酸カルシウムの高濃度な配合を両立が可能に。高価な生分解性樹脂の必要量を抑制することで、価格競争力の強化を実現します。