ECBIO

生分解性樹脂に無機物を配合した複合材料 "ECBIO(エクビオ)"

天然鉱物から生成される炭酸カルシウムを使用

ECBIOには、無機物の「炭酸カルシウム」が配合されています。当社が使用する重質炭酸カルシウムは天然鉱物の石灰石を粉砕して製造されます。

石灰石は地球上に膨大な量が埋蔵されているため枯渇リスクも低く、資源に乏しい日本にとっては数少ない自給可能な資源の一つとして知られています。

Limestone-2-to-3-inch-5.jpg

経済性

膨大な供給量をもつ石灰石から製造された炭酸カルシウムを使用。長期間培われた採掘・加工フローの確立から価格変動性も低く、安定した低コスト性をもちます。

脱炭素性

原料調達時には加熱加工が不要で、高温燃焼時には分解する性質を持ちます。そのため石油由来の樹脂と比べて、CO2の排出量を半減させることができます。

d00m5j.webp

よりマイクロプラスチック汚染を防ぐ素材を使用

現在、様々な特徴を持つ生分解性素材があります。100%バイオマス由来の原料で生成されるが、生分解性が低いために自然環境では部分分解しかできなかったり、石油由来の原料を一部使用しているものの、海洋環境下でも優れた生分解を発揮するなど、環境視点から見ると一長一短です。

ECBIOの選ぶ方向性は後者で、より自然環境下でマイクロプラスチックにならずに微生物によって生分解されるか、その生分解性のパフォーマンスの高さを追求します。

自然環境での生分解性

土壌や海洋など、微生物が少ない自然環境下においても高い効果を発揮する生分解性素材を使用。自然に流出した場合も生分解されるため、マイクロプラスチック化を防ぎます。

信頼ある生分解性

世界トップクラスの技術力を持つ日本でも数社しか承認されていない、ハードルの高い国際認証を取得した生分解性素材を使用。より安全で確かな生分解性により自然に循環します。